夏休みだけ民間学童を利用できる?

子どもが学校に行っている間は働いている人、子どもにダラダラと過ごさせたくない人の中には、「夏休みだけ民間学童を利用したい」という人もいるでしょう。夏休みだけの入所の可否や1日の過ごし方は学童によって異なるため、自分の働き方や子どもの性格に合う学童選びが重要です。

夏休みは長期におよぶからこそ、学童保育も活用し、子どもにとって有意義な日々となるよう工夫しましょう。

夏休みだけでも学童保育を利用するメリット

1.子どもが規則正しい生活を送れる

長期休暇中は「朝に起きて夜はしっかり寝る」という生活リズムが乱れやすくなります。特に夏休みは日数が長く、一度乱れた生活リズムを元に戻すことは容易ではありません。おやつの食べ過ぎなどで栄養バランスが崩れると、夏バテや熱中症などで体調も崩しやすくなります。

夏休み中でも民間学童ハッピーキッズは朝から夜まで開所しており、学童に通うことで夏休み前のような生活リズムを保ちやすくなります。ハッピーキッズでは学校の宿題をする学習時間の他、様々な習い事を設けているため、夏休みの生活リズムの乱れにくく、2学期以降の学校生活を快適にスタートさせるためにも有効です。夏休みにはじゃぶじゃぶ池で水鉄砲で遊んだり、児童館に出かけたりと楽しく過ごせるイベントが盛り沢山!

2.縦割り保育で色々な子供とと交流できる

ハッピーキッズにいる間は、年齢の異なる人との交流を通じて、同年代の子ども同士ではなかなか得られない刺激を受けることができます。年上の子から優しくしてもらったり、自分より小さい子から頼られたりすることは、自信や思いやりの心を伸ばす良い機会です。さらに「お兄さん・お姉さんのように○○できるようになりたい」と向上心が芽生えたり、「みんなのお手本になろう」と努力する心を育みます。

核家族化や近所付き合いの希薄化により、子どもが普段から深く関わる大人の数はどんどん少なくなっています。ハッピーキッズの様々なイベントを通じて家族以外の大人と関わることは、社会性とコミュニケーションスキルを伸ばすうえで効果的です。

3.子どもが家で1人で過ごす心配がない

子どもが小学校に上がると、子どもだけで留守番させる機会も出てきますが、留守番できるようになるタイミングや時間の長さは、子どもによって違います。子ども1人に留守番させて「不審な電話や訪問者が来ないか」「火を取り扱ったりしないか」と心配に思う親は多いでしょう。子どもだけで留守番させることに抵抗があり、かつ祖父母などに頼りにくい場合は、安全確保のためにハッピーキッズを活用することも一案です。

民間学童に子どもを預ければ、子どもが1人で留守番をする必要がありません。大人のスタッフが常駐し、子どもたちを見守りながら面倒を見るため、安心して預けることが可能です。子どもが宿題をせずゲームや動画に熱中する心配もなく、犯罪や交通事故などのトラブルに巻き込まれる可能性も減ります。

4.特別なプログラムを体験できる

夏休み向けの特別なプログラムが設けられており、家庭や普段の授業ではなかなかできない体験を楽しむことができます。公立学童が実施していないプログラムもたくさんあるため、民間学童の利用を検討してもよいでしょう。

習い事の時間には、国語、算数、英会話、かけっこ、硬筆、書道があります。またイベントに参加すれば、子どもが新しい物事に興味を持つきっかけ作りにもなるでしょう。民間学童ではプログラム体験だけでなく、夏休みの宿題をする時間も十分に確保されているため、宿題がおろそかになる心配も無用です。分からないところがあればスタッフからフォローしてもらえるうえ、友だち同士で一緒に勉強することでモチベーションを保ちやすいこともメリットです。

*夏休みに公立の学童保育を利用する際の注意点

●公立学童・放課後教室
学童保育には多数のメリットがありますが、注意点も存在します。特に、夏休みに公立学童を利用する場合は、以下の点に注意が必要です。

●子どものお弁当を作る必要がある
公立学童の場合、学校のように給食が出ることはほとんどありません。仕事などで忙しい親にとって、毎日のお弁当作りが負担になることもあります。お弁当作りの手間を減らすコツは、手作りにこだわりすぎず、前日の残りものや冷凍食品などを活用して簡単に作れるようにすることです。子どもに楽しく通所してもらうために、子どもの好きなおかずをお弁当に入れるとよいでしょう。
夜遅くまでは子どもを預けられない
公立学童の開所時間は原則17~18時まで、延長保育を利用しても19時台までとなります。基本的に、学校に併設されている学童保育は自力で通所できることが入所条件です。しかし、延長保育などを利用する場合は、お迎えが義務付けられることもあります。どうしても帰りが遅くなる場合は、夜遅くまで開いている民間学童を利用しましょう。

●子どもに有意義な夏休みを過ごしてほしいときは?
夏休みに学童保育を利用するにあたり、公立と民間のどちらにすべきか迷う人は少なくありません。子どもに有意義な夏休みを過ごしてほしい場合や、職場で時間の融通が利かない場合は、民間の学童保育がおすすめです。公立学童は費用の安さと自由時間の長さがメリットですが、凝ったプログラムを準備しにくく、1日の流れが単調になることもあります。

■その点、民間学童である「ハッピーキッズ」では、夏休み向けプログラムや専門講師による多数の習いごとを実施しております。お子さまがストレスなく安全に過ごせるよう、校舎内の環境やスタッフの人数にも配慮。幼稚園児や保育園児向けコースもあるため、兄弟・姉妹と一緒にご利用いただくことが可能です。仕事などで学童保育の送り迎えが難しい場合は、「送迎サービス」もぜひご活用ください。

アクセス

Happy English Academy

  • 住所
    :埼玉県草加市新栄1-46-12
  • 道順
    :東武伊勢崎線 新田駅から徒歩15分
  • 電話番号
    :080-9426-5944
  • 営業日
    :月曜日〜金曜日
  • 営業時間
    :8:00〜22:00
  • 定休日
    :土曜日、日曜日、祝日

民間学童 Happy Kids

  • 住所
    :埼玉県越谷市登戸町19-31
  • 道順
    :東武伊勢崎線 新越谷駅徒歩13分
  • 電話番号
    :080-9426-5944
  • 営業日
    :月曜日〜金曜日
  • 営業時間
    :8:00〜22:00
  • 定休日
    :土曜日、日曜日、祝日