小学生クラス

学びと遊びの両立!英会話教室

レッスン日:月曜日、水曜日、木曜日

 

英語って楽しい!

歌やダンスでスタート

新しい言葉は、楽しいゲーム形式で導入。会話に「読み書き」も加えて、文法にも強くなれるように英語でコミュニケーションをとることは、「楽しい!」と思ってもらうことが子供の英語教育で何より大切なことです。お子さんのコミュニケーション能力を伸ばし、世界をまたにかける国際人になる土台を作ってあげたいですね。

小学生クラスのおすすめポイント

①英語で簡単なコミュニケーションがとれるようになる
②学びの楽しさを実感できるようになる
③ご希望の方には英語と硬筆をセットクラスもあり

代表のHIROMICHIは、小学生の時に英語を勉強しましたが、 つまらなくて嫌になりました。小学生で嫌いになってから、しばらくの間大嫌い!だからこそ楽しむことにこだわりぬいた英会話教室です。

子供たちは遊びからたくさんのことを学んでいきます。子供にとっての学びは大人と違い、知識の習得ではありません。自分で考えチャレンジする姿勢、好奇心、意欲が学びには重要ではないでしょうか?大人はつい、「もっと知識を」と思ってしまうかもしれません。しかし子供たちは学ぶことが好きになれば、ドンドン知識を習得します。楽しいと感じる環境や知育玩具を用意することにより、心配しなくても自ら学び始めていきます。

まず「女の子」「ボール」などの言葉や文字、形や絵を一緒に覚えます。語彙が増えてくると、「かわいい女の子」「大きいボール」といったように言葉をつなげて2語文を作り少しずつ文を長くしていきます。文章化できるようになったら、やっと話の内容を理解できるようになってきます。子供たちが言葉を習得するには、言葉の世界の面白さ、豊かさを知り、興味や意欲を膨らませてあげることが大切だと考えます。そのためには良質な知育玩具や遊び環境が必須となります。

対象
小学1年生〜3年生(初級)/小学4年生〜6年生(中級以上)
内容
ごっこ遊び:場面別英会話、コミュニケーションの学び
ブロック遊び:形、立体、色、数、創造の学び

①単語を覚える
②品詞別に覚える
③日本語と英語の違いを知る
④簡単な文章を作る

 

コミュニケーション能力」を伸ばそう!

様々な目的や場面、状況などに対応できる会話力を身につけよう!2020年度から、小学校5,6年生で英語が成績のつく教科となりました。小学校3,4年生では、「外国語活動」が始まります。今回の英語教育改革で重視されているのは「使える英語の力」を育成すること。「使える」とは知識としてテストで得点できるだけでなく、「聞く」「読む」「話す」「書く」の4技能を「実践的な場面で使える」ということです。では、実践的な場面で使うとはどういうことでしょうか?また、そういう英会話能力はどのように伸ばしていけばよいのでしょうか?

このような活動が、日本語で出来ているでしょうか?

例えば、「Where are you from?」と海外で外国人に聞かれた場合、「I’m from Japan」と答えるでしょう。また、国内で聞かれたら、自分の住んでいる具体的な地域や住所、駅名などを答えるのが適切だと思われます。日本語でできなければ、外国語である英語ではできません。従って、当教室では英語と国語をの受講を強くオススメしています。目的や場面、状況などに応じて、何を考え、どのように表現するのが良いのかを考えながらコミュニケーションを行うことが重要です。日本語でも英語でも、コミュニケーション能力を伸ばしていくことが求められているのです。

「コミュニケーション能力」を伸ばすヒント

日本語でも、英語でもコミュニケーションを行うという意味では共通です。 つまり、日本語でも英語でもコミュニケーション能力を高めていくことができるということです。

【1】その日、学校で何があったかを聞いてみてください。

目的や場面、状況、相手を意識した聞き方をしてあげると良いでしょう。例えば、英語の授業についてを聞くとしたら、どういうことをしたの?」「誰と話したの?」「どんな言葉を習ったの?」「何について話したの?」などを具体的に聞いてあげましょう。目的や場面、状況、相手を思い浮かべながら楽しそうに話してくれるのではないでしょうか。 その繰り返しによって、英語の時間には、それらをもっと意識して授業に参加するようになるでしょう。

【2】日常生活の中でも、具体的な会話をしてみましょう。

例えば、家族の誰かが風邪をひいて家で寝ているとします。「体の具合がどうか?」「ご飯は食べられそうか?」と聞くように子供達に促してみましょう。このような会話がすでに当たり前に行われているご家庭もあるかとも思いますが、目的や場面、状況、相手を意識して、会話をするとはこのようなことです。まず、このような会話練習を家庭の中で積極的にしてみていただきたいです。日本語でも、相手と積極的に関わり、会話をしようとする姿勢を育むことが大切だと思います。

2020年から小学校でも教科となった英語。 実践的な語学力、コミュニケーション能力は、大人になってから大変役に立ちます。 国際化が進むにつれて「実践的な語学力」が必須となります。 つまり、読み書きだけではなく、聞けて話せるという4技能をバランスよく身に着けることが肝要です。この4技能は大学入試でも問われるようになってきています。

「目標を持ち、学びを楽しむこと」が、「生涯学び続けること」につながります。 今から、子供がそう感じる環境を持つことは非常に大事となります。

 

個別指導クラスのおすすめポイント

  • ①「わかる」から「できる」指導へ
  • ②対応テキスト50種類以上
  • ③送迎あり、振替あり、無料体験あり

 

指導方針:やればできる!

私たちが子どもたちに教えたいことは国語や算数などの勉強だけではありません。「やればできる」を積み重ねることにより、自己肯定感を育むことの大切さを知ってもらいたいです。その想いとともに子どもたち1人ひとりと向きあい、ともに目標を達成する喜びを分かち合う。私たちが、創業以来こだわり続けていることです。「やればできる」「できるから楽しい」「できたことを認めて欲しい」と子供達は願っているのではないでしょうか?

「やればできる」を実感しましょう!

「できる」の積み重ねで自己肯定感を育んでいけば、子どもたちは自然と前向きになり、 積極的に物事に挑戦していけるようになります。そして、達成したい目標や夢をきちんと明確にし、 それに向かって努力する喜びや忍耐力を養っていきます。

対象
幼稚園 〜 中学生
内容
本当に1人で「できる」ようになったかチェックし、次へ進むことで着実な学力定着を目指す

 

3ステップ式学習法

1、勉強のつまずきを見つける
2、基礎固め・標準問題・実力問題で実力UP
3、自発的に学習に取り組む心を育成

「目標を持ち、学びを楽しむこと」が、「生涯学び続けること」につながります。 今から、子供がそう感じる環境を持つことは非常に大事となります。

 

1人ひとりが自分の力で乗り越えていける力を!

しっかり褒めて、しっかり認める

どんなに小さな目標でも子どもたちが達成した時には、ほめてもらいたい、認めてもらいたいと願っています。そうすることで子どもたちの「やればできる」という自己肯定感と挑戦意欲を育てていきたいと考えています。

これらの学習を通して、1人ひとりが自分の力で乗り越えていける力を身につけていかなければ、自立した学習はできません。高校生になるまでには、自発的に学習する習慣を身につけなれば自分の将来を切り開いて行くことは出来ないでしょう。いつまでも学校や塾に依存した学習をしてはいけない。これが私たちの考える総合学習塾です。

学習習慣を身につける3か条

①なぜこの宿題をやる必要があるのか
②1人でできる「内容」と無理のない「量」を設定
③「学習スケジュール」を決める

効率の良い学習法をご提案

今まで学習習慣がない場合は、学習範囲のすべての単元を分かるまで学ぶことは難しいでしょう。 目的に合わせて、理解が不十分な単元学習に力を入れることで、学力アップを実現できます。Happy English Academyの学習指導では、「苦手な単元」「目標達成に必要な単元」を徹底して学習するため、効率的に学力向上ができます。

・効率の悪い勉強法をしていませんか?

時間をかけて勉強しているのになかなかテストの点が伸びない、成果が上がらない、といったことはありませんか?

【質問1】作業しただけになっていませんか?

ノートまとめや教科書に線を引く作業、単語帳を作る作業をしただけで満足してしまっていませんか?覚えるために作業をしましょう。作業自体が目的になっていませんか? 時間ばかりかかって学習の内容が身に付いていない可能性があります。

また知識が身についたと思っても、アウトプットの問題演習が足りないと、実践力がつかず知識もなかなか定着しません。 まとめ作業だけに一生懸命になるのではなく、問題演習をして知識をしっかり身につけ、実践力をつけましょう。

手を動かすだけになっていませんか?

【質問2】解き放しになっていませんか?

問題演習をしてわからないところや間違えた問題があったときに、そのままにしていませんか?なぜ間違えたか、どこがわからなかったかを解決しないままにしている人は要注意です。理解できていない部分がそのままになり、同じところでつまずくことになるため効率が悪くなってしまいます。

わからなかったところや間違えたところは、解説を読んだり、塾で質問したりして早めに解消しましょう。また、つまずいたポイントが解決したら、再度同じ問題を解き直して理解できたかどうかチェックすることも重要です。 地道な作業ですが、問題演習を繰り返すことで、結果的に効率よく解き方や知識を身につけられることになります。

【質問3】暗記から逃げていませんか?

暗記は苦手だから後にしようと思っているかもしれませんが、覚えないと出来ない問題も登場してきます。 例えば、英語や古文です。単語を覚えなくてもある程度は推測できるでしょう。しかし、毎回推測するよりも意味を覚えていた方が問題を解く際に正答率が高くなります。

正しい意味を覚える方が正確性も上がり、確実に知識が身につきます。「なんとなく推測できるから」というやり方は、そろそろ卒業しましょう。 また、数学や算数でも、解法や公式を覚える必要があります。解法を覚えることを避けていると、毎回時間をかけて解き方を考えなければいけません。 最低限の英単語・古文の単語や、数学・算数の基礎的な公式は、積極的に暗記するようにしましょう。

【質問4】一度で全部覚えようとしていませんか?

単語帳や参考書の内容を、一度で全部覚えようとしてもなかなか出来るものではありません。一度で覚える方が良いと思う方もいるでしょう。しかし、記憶の定着には反復が重要です。一度にすべて覚えようとしても記憶が定着しないため、時間ばかりかかってしまいます。

暗記すべき内容は、少しずつ繰り返し覚えるようにしましょう。数学などにおいても、同じ問題を2~3回繰り返すことで定着するようになります。 効率よく集中して勉強しましょう! 

 

国語ができれば全科目できる

 

「英語」と「国語」を勉強しよう

国語力は、あらゆる学問の基礎となります。そして短期間では身につきません。考えてみれば、全教科、全教育活動で母語である日本語が使われます。内容を深く学ぶためには、「国語力」が必要です。

★国語力=考える力★

①読解力(文章を読む力)
②思考力、自己表現力、分かりやすく話す力(文章を書く力)
③内容理解(話を聞く力)

つまり、何かを学び、身につけようとするならば、「国語力」は必須です。「英語」と「国語(日本語)」は、まったく違う学問に見えますが、実は非常に密接した関係にあります。「英語」を文法的に学び、話せるようになることを目指すならば、母語である日本語を介して深く理解することが必要だというのが当教室の考え方です。そして、ある程度の英語力が身に付くと、「英語を学ぶ」から「英語で学ぶ」「英語で話す」に移行していきます。

そのときに必要とされるのは、日本語で培った「深く考える力(思考力」)です。「英語」を使って何を学び、何を発信するのか?その時に必要となるのは、母語である日本語力です。

考える力を育みましょう

考える力があれば、英語・日本語問わず、書物を深く理解し、自信を持って自分の意見を書くことができます。英語・日本語問わず、相手の話す内容を理解し、自分の意見を分かりやすく話すこともできます。 「英語力」は、「国語力」の基盤があって初めて伸びるのです。「深く考え、表現する力」を日本語を介して身につけ、それを英語という言語を用いて、発信しているのです。

「国語力」を大切にしない人は、「英語力」を高めることが難しいと感じます。今は、子どもたちが楽しい習い事としての「英語」ですが、子どもたちが「高い英語力を身につけたい」と思った時に、手遅れにならないように、少しずつ「国語力」を高めること当教室では強く推奨しています。 「国語力」は、小さい頃からの日々の積み重ねしかありません。

英語がペラペラでも意味がない

英語で会話を続けるためには、世界観や自分の考えを持っているかどうか、という知的レベルの問題になります。英語ができないとは言っても、ちょっと慣れれば、英語そのものは話せるようになります。一番問題なのは、英語の能力そのものではなくて、日本人が話す内容を持っているかどうかです。 日本語で会話が続かないのに、英語で深い話はできません。

旅に出れば、少なくとも旅行者同士で話す内容はたくさん出来るでしょう。しかし表面的な旅の共通話題から踏み込んで、英語で自分の考えを語らなければつまらないと思います。日本人は、英語を勉強すると同時に「自分の言いたいことを話す」練習が必要です。日本社会以外では、自分の考えのない人間は、何をしても駄目扱いされます。  世界一周旅行をしたとしても、旅のことしか話せないようであれば、会話は続きません。

「自分の考えを持って語る」ことが大切です。英語が必要なのであれば、求められるのは流暢な英語ではありません。必要なのは価値のある内容の英語であり、流暢であることに何の意味もありません。

 

 

新栄教室の時間割

火曜日

16:30 16:30集合
17:00 かけっこ・体操
18:00 18:30解散

水曜日

16:30 硬筆
17:00 英会話
18:00 個別指導・硬筆

木曜日

16:30 硬筆
17:00 英会話
18:00 個別指導・硬筆

金曜日

16:30 硬筆・書道
17:00 硬筆・書道
18:00 18:30最終退出

 

越谷教室の時間割

月曜日

17:00 個別指導・硬筆・英会話
18:00 個別指導
19:30 個別指導

火曜日

16:30 16:30集合
17:00 かけっこ・体操
18:00 18:30解散

水曜日

17:00 英会話
18:00 個別指導・硬筆
19:30 個別指導

木曜日

17:00 英会話
18:00 個別指導・硬筆
19:30 個別指導

金曜日

17:00 硬筆・書道・個別指導
18:00 硬筆・書道・個別指導
19:30 個別指導
  • *新栄教室、越谷教室(民間学童)の時間割表となります。
  • *新学年は3月より開講いたします。
  • *書道教室の最終退出は18:30となります。
  • *曜日・時間帯は変更となる場合があります。

 

新栄・越谷教室 料金表

小学生クラス(詳細は こちら

硬筆(30分) 4,000円
書道(45分) 6,000円
英会話(60分) 7,000円
個別指導:学校の補習(45分) 6,000円
個別指導:中学受験(90分) 8,000円
個別指導:中学英語準備(60分) 7,000円
かけっこ・体操(60分) 6,000円

 

アクセス

Happy English Academy

  • 住所
    :埼玉県草加市新栄1-46-12
  • 道順
    :東武伊勢崎線 新田駅から徒歩15分
  • 電話番号
    :080-9426-5944
  • 営業日
    :月曜日〜金曜日
  • 営業時間
    :8:00〜22:00
  • 定休日
    :土曜日、日曜日、祝日

民間学童 Happy Kids

  • 住所
    :埼玉県越谷市登戸町
  • 道順
    :東武伊勢崎線 新越谷駅徒歩13分
  • 電話番号
    :080-9426-5944
  • 営業日
    :月曜日〜金曜日
  • 営業時間
    :8:00〜22:00
  • 定休日
    :土曜日、日曜日、祝日